基礎知識

田舎の家や土地を少しでも高く売るコツとは?

家 高く 売る

田舎の土地や家を売却する時に、近所の不動産さんにしか相談しないという人は少なくありません。

たしかに馴染みの不動産屋に依頼するというのも良い方法の一つですが、少しでも高く売るためには、まだできることがありますよ。

実のところ田舎の土地や家だからこそ、高く売るためには工夫が必要になるわけです。

どのようにすれば田舎の土地や家を少しでも高く売る事ができるのでしょうか?

複数の不動産業社へ依頼する

土地や家を売却する際は、一つだけでなく、複数の不動産業社に対して査定依頼をするということが最大のポイントになります。

通常でもこれは重要ですが、田舎の土地や家の売却の時にはなおさら重要なのです。

実際に田舎の土地や建物を売却した人の中には、不動産業者は探せたものの、自分が所有している田舎の不動産を扱ってくれる業者はなかなか見つからず、だいぶ苦労したという人もいます。

その理由の一つには、都心の不動産と比べると田舎の土地や家は売れにくいため、扱ってくれる不動産会社が少ないということがあります。

加えて都心と比較してみると、不動産業者の存在自体が多くないということもあります。

結果として、田舎の不動産を売却したいと思っていても何年も売却できないままでいるという人がいるのです。

では数少ない田舎の物件を扱ってくれる不動産業者をどのように見つけることができるでしょうか?

答えは、「不動産一括査定サイト」を利用することです。こうした査定サイトには多くの不動産業社が登録を行っているため、自分の所有している土地や建物を扱えるような業者を見つけられる可能性があります。

仮にそうした不動産業者を見つけられなかったとしても、こうした一括査定サイトを利用することで一度に複数の不動産業者へ査定依頼を行うことができます。

そのため田舎の土地や家であっても、複数業者がきちんと値段を付けて査定をしてくれるため、少しでも高く売ることのできそうな業者を探す助けにはなります。

田舎の不動産の売買に強い業者を探す

需要のないものは、基本的に安く買い叩かれてしまうものです。

これは家や土地についても同じ事で、特定の土地や建物を必要としている人がほとんどいないのであれば、値段はどんどん安くなってしまいます。

この原理が田舎の土地や家にも当てはまってしまうため、多くの人は田舎の不動産は売れないと感じてしまうようです。

しかし実際には土地の値段が0円になる事はなく必ず値段が付くものなので、肝心なのは不動産会社に物件を必要としている人を見つける力があるかないかという事です。

ある田舎の土地を所有していた方は3年間に渡って、建物付きの土地を売却しようとしてきました。物件を扱ってくれる不動産業者を見つけることはできていたので、売却に関してはその不動産業者に一任していました。

しかし、待てど暮らせど不動産業者からのたよりはなく、3年間があっという間に過ぎていってしまいました。

そこで3年を区切りとして、もう一軒の不動産会社とも契約を行い、購入希望者を探すことにしたのです。すると1ヶ月もしない内に購入希望者を見つけることができました。

その購入希望者はなんと所有している土地の隣に住んでいる人で、家族が近くに家を建てられるように土地を探していたというのです。

この人はすっと土地を探していたものの、なかなか見つけることができませんでした。

しかし新しい不動産会社は隣の土地を所有している人を積極的に訪問し、土地が必要ないかを尋ねることで、需要を見つけ出すことができました。

以前の不動産業者はこの面で努力が足りなかったということです。

田舎の不動産を少しでも高く売るためには、こうした努力のできる不動産業者を見つけることが重要です。

売る方法を工夫できる不動産業者を見つける

田舎の土地の活用方法は限られてきてしまうものです。

所有している土地が、農地である場合は農地としてしか売却できないと考えている人もいます。

たしかに法律で決まっている場合は、その法律通りにしか売却を行うことはできません。

しかし登記を変更することによって、農地を宅地に、宅地を農地に変更することも状況によっては可能です。

もちろん全ての状況下で、この方法が採用できるわけではありません。

しかし調査してみる価値があるのは事実です。

実際、ある人はある田舎の土地に少しずつ人が移り住んできているので、不動産業者に農地を宅地として作り変えて登録してみてはどうかと提案されました。

その提案通りにしてみたところ、農地として販売していた時と比べて、かなり問い合わせが増えて、最終的に満足できる価格で売却することができました。

このような工夫は素人が思いつくことはできないので、契約する不動産業者次第になります。

田舎の土地や家を少しでも高く売るためには、良い不動産業者との出会いは必須です。自分の足でこうした不動産業者を探すこともできますが、複数の一括査定を利用すれば一度に多くの不動産業者とコンタクトを取ることができます。

その中から工夫をして不動産を売ることのできる良い不動産業者を見つけることもできるかもしれません。