基礎知識

知っておきたい不動産(家・土地)売却の手順とは?

不動産売却 コツ

土地や家といった不動産の売却は、一生のうちに何度もあることではありません。

そのため多くの方にとって、土地や建物の売却は未知の世界になるため、基本的な知識や手順に関して知らない事が多いものです。

とはいえ不動産の売却は日常品と異なり、高額での取引になるため失敗すると数十万から数百万の損失になる事もあります。

基礎的な知識や、売却までの手順について簡単にご説明しますので、どうぞ参考にされてください。

不動産売却の手順-査定依頼から契約

不動産売却をしようと考えているという事は、少しでも高くまた早く売却をしたいと願っておられると思います。

しかし家や土地などの不動産売却は、そのような願い通りにはならない売買の種類のため、じっくりと腰を据えて売却に取り組む必要があります。

では簡単ではありますが、不動産売買の手順や順番についてご説明します。手順を見るだけでも、売却までに多くの時間が必要になる事が分かると思います。

最初に行うことは、不動産業者への査定依頼です。

不動産の価格というのは、常に変動しているものなので、売却を検討している時に適正な価格を調査する必要があります。加えて家付きの土地の場合、建物の経年劣化もあるため、きちんと査定を行わなければ正確な価格は分からないものです。

さらに不動産業者によって査定金額が異なるため、複数の業社へ査定を依頼する必要があるため、ある程度の時間が必要になります。

次に行うことは、査定結果を踏まえて不動産の売却を行う業社を決定します。ここでポイントになるのは複数の業社と契約をするのか、それとも1社のみと契約を交わすのかという事です。

業社との契約には3種類あるため、その契約の種類によって契約する業社との契約内容が変わってきます。

不動産売却の手順-内覧から引き渡しまで

不動産業者との契約が結ばれた後、業社が不動産の宣伝や広告を行うことになります。

広告を見て購入希望者が現れると連絡があり、購入希望者の内覧へと移行します。基本的には内覧者は不動産業者と一緒に、売却予定の家や土地を訪問し現状を確認します。

ここで購入希望者が満足できる結果であれば、次の段階として売買契約へと移っていきます。

使用するのが不動産会社へ査定を依頼していた金額であり、購入希望者が仮にこの金額で満足できるのであれば、その場で売買契約へと移ります。

とはいえ不動産の購入は金額が高く、基本的に交渉の余地があるものなので、両者で値段の交渉を行い納得できた段階での契約締結となるのが通常です。

しかしこうした交渉は、通常売買を行う者同士が行うというよりも、不動産業者を通じて交渉を行うものです。

ですから業社の手腕がここで大きなウェイトを占めることになるので、良い業社を見つけておくことは重要になります。

こうして売買契約が締結されると、購入者は不動産売主へ手付金を支払うことになります。その後購入者は、住宅ローンもしくは即金にて購入代金を支払い、不動産売買に関する税金や手数料を差し引いた金額が売主に渡されるようになります。

売主が売却金額を受け取った時点で、購入者へ不動産が引き渡されることになります。

このような1つ1つの段階には多くの時間が必要であり、全てが順調にいくということはほとんどありません。ですから家や土地の売却は焦って行う事がないように注意しましょう。

家や土地を売却する時に必要な基礎知識

家や土地を売却する方のほとんどは不動産業者ではありません。

そのため不動産売却に伴う専門用語や常識についての知識が足りないのは当たり前のことです。しかし売却を検討しているのであれば、最低限の知識を得ておくようにしましょう。

まずは不動産業者への査定についてです。

複数の業者への査定依頼を行うと、全く異なった査定金額が出される事があります。査定金額とはあくまで査定額であって、売却金額というわけではありません。

業者の中には契約を結ぶために、査定金額を意図的に高く設定するところもあります。結果として査定金額が高い業者と契約したにも関わらず、売却金額が査定金額よりも遥かに安くなってしまったというケースもあります。

また業者との契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約という3種類があります。

前者の2つは1社のみとの契約になり、業者は利益が確定しているため力を入れて広告を行ってくれるものの、1社のみであるゆえ宣伝力の弱さがあります。

一般媒介契約の場合は、複数の業者と同時に契約を結んで、不動産の売却を行うことができます。

しかし業者は自社の利益を確定できないため、広告や宣伝への力の入れ方が弱くなるという傾向があります。

ですから契約内容は、自分の必要に合わせて変更する方が良いでしょう。

このように家や土地を売却する時には、多くの時間がかかるものです。ゆっくりと焦らずに売却の道を探る事が肝要です。

また限界があるかもしれませんが、出来る限り不動産取引に関する知識を取り入れるようにしましょう。

知識があれば正しく選択をできるようになり、それが業者ではなく自分に利益をもたらす事に繋がります。