メリット・デメリット

田舎の土地を賢く売却する方法はある?メリットやデメリット

田舎 土地 売却

自分で計画的に田舎の土地を購入した場合であれば、どのように土地活用をすれば良いのか考えがあるものです。

しかし親や親戚から田舎の土地を相続した場合など、思いがけず土地を入手した時には、どのように土地活用をすれば良いのか迷うかもしれません。

そのような場合、土地を売却するという方法も有効な土地活用の方法となります。

では田舎の土地を売却する際のメリットとデメリットについてご説明します。

田舎の土地を売却するメリット

突然田舎の土地を相続した場合、最初はとても戸惑うかもしれません。

現金を相続した場合は、相続したものをそのまま銀行に預けてしまえば、財産の管理は難しいものではありません。

しかし土地の管理というのは、それほど簡単な話ではありません。

まず土地は資産として所有しているだけで、固定資産税がかかってくることになります。

どのように土地活用をすれば良いのか悩んでいる間にも、固定資産税は毎年支払わなければなりません。

さらに田舎の土地の場合、自分の居住地域と離れている可能性が高いため、土地の実質的な管理をするのが難しくなります。

そのため土地が荒れ放題になってしまい、周囲の住民からの苦情が来るという可能性もあります。

しかしこうした土地を売却してしまうなら、このような土地を所有することから生じるストレスや負担を解消することができます。

さらに田舎の土地はもともと安いとはいえ、広い土地であれば売却によってそれなりの金額になります。

ですから田舎の土地を売却することによって、まとまった現金を手に入れることができます。

こうして入手した現金を利用して投資を行うことができる点も、土地売却のメリットと言えるでしょう。

田舎の土地を売却する際のデメリット

土地の売買というのは需要と供給によって成り立っているものであり、これは田舎でも都心でも同じ事です。

しかし田舎の土地には大きな問題があります。

それは田舎に住んでいる人の人口が多くないため、さらにそれぞれの住民が自分の土地を所有しているため、土地の需要がほとんどないということです。

需要があまりないのであれば、売却自体は難しくなってしまいます。田舎の土地を売却する時の最大のデメリットは、この需要の無さです。

そのため売却の準備は整っているものの、購入希望者がいつまで経っても現れないということがあります。

この期間も自分の所有している土地になるため、固定資産税の支払いが必要になってきてしまいます。

売却予定地の固定資産税を払い続けることは、意味のない出費になるため生活をかなり圧迫してきます。

さらに売却予定の土地だからと言って、放ったらかしにして良いわけではなく、購入希望者を増やすためにも、土地をきちんと管理しなければなりません。

しかし、こうした管理をきちんと行っていたとしても、田舎の土地が必ず売れるというわけではありません。

この不確実性というものが、田舎の土地売却の大きなデメリットとなります。

田舎の土地を賢く売却するための方法

先程ご説明したように、田舎の土地を売るのは簡単なことではありません。

売却の準備として最初に行うことは、土地の価格について査定を行ってもらい、正確な土地価格を算出することになります。

坪単価が安い田舎の土地であっても、広い土地であればかなりの金額になることもあります。

ですからできるだけ多くの不動産会社に土地の査定を依頼するようにしましょう。

最近では不動産の査定を一括で行ってくれるサイトもあります。

不動産査定のコツは1社ではなく、複数の業社へ依頼をすることです。

その理由は不動産会社によって査定金額が異なるためです。加えて複数に依頼することで、土地周辺の不動産売買に強い不動産会社を見つけられる可能性も出てきます。

売却まで至る最大のポイントは、購入希望者をできるだけ早く見つけることです。良い査定金額を付ける不動産会社も悪くはないものの、最善の業社は購入者を見つけてくれる不動産業者です。

この基準で不動産会社を判断するようにしましょう。

そして購入希望者がようやく見つかったなら、購入希望者を放さないようにするため、必ず話し合いに応じることが重要です。

仮に査定金額よりも安い金額を提示されたとしても、すぐに交渉を終えてはなりません。

土地を維持していくために、毎年どれくらいの金額が必要になっているのか計算をして、その金額との兼ね合いも考える必要があります。

例え相手の提示金額が査定金額を下回っていた場合でも、土地の維持管理費が必要なくなることを考えれば、値下げに応じることもできるかもしれません。

購入希望者と常にコンタクトを保っておくことは、田舎の土地売却の要となります。

このように田舎の土地売却は、決して一筋縄ではいかないものです。

田舎の土地売却のコツは、複数の不動産会社に査定を依頼し、自分の土地周辺の情報に詳しい不動産業社を見つけることです。

さらに購入希望者は決して手放さないという決意と行動も大切になってきます。