初めの一歩

田舎の土地活用の一般的な種類や特徴・使い方とは?

土地活用 種類

土地活用の種類は、個人や土地の場所によっても異なるものです。

とはいえ、どのような種類であったとしても実際に土地活用をする事で、税金対策や不労働収入を得ることにつながります。

ですからどのような土地活用の種類や方法があるのかを理解しておくことは重要です。

収益率の高い土地活用の種類

どのように土地活用をするのか考える際、土地活用の目的を明確にすることは、とても重要です。

土地活用の目的として収益を優先して考えるという方もいらっしゃるでしょう。

その場合の土地活用の種類は土地に建物を建設して貸し出すという方法であり、最も王道と言えるのはアパートやマンションの経営です。

アパートやマンションの経営を行うためには、金融機関でローンを組んで建設費を準備する必要があります。

初期投資の金額が大きいものの、借り手を見つけることで継続的で安定して収入源を確保することができます。

加えて空いている土地にマンションやアパートが建つことで、固定資産税など税金の優遇も受けられるようになるためメリットが大きい方法です。

他にも建物を建設してから貸し出すという方法には、戸建貸家や貸事務所が含まれます。

戸建貸家の場合は、次のような条件が揃っている場合、高い利益率を期待することも可能です。

土地が駅から近い場所にある場合は、サラリーマンをメインターゲットにすることができます。

土地が郊外にある場合でも都心までのアクセスが充実しているのであれば、ファミリー世帯をターゲットにすることができます。

貸事務所を建設する場合は利便性が求められるため、駅から近い場所にある土地が求められます。

アパート、マンション、戸建貸家、事務所など、どの方法であっても継続的に借り手を見つけられる物件であれば、賃貸物件を建設する土地活用法も検討できるでしょう。

初期コストの少ない土地自体を貸し出す方法

建物を建設する事は初期投資が必要になるため、自分で比較的大きなリスクを負わなければなりません。

いわば投資の意味合いが強い土地活用の方法と言えるでしょう。

それに対し土地自体を貸し出すという方法であれば、自分で初期投資をする必要性がない場合も多いため、リスクの少ない土地活用の種類と言えます。

最も代表的な方法は、月極駐車場やコインパーキングとして貸し出すという方法です。

元々の土地の状態にもよりますが、月極駐車場であれば、基本的に土地に大きな変更を加えることなく貸し出すことも可能です。

仮に舗装するのであれば、砂利やアスファルトを敷くという方法があり、どちらの方法であっても大きな額の投資は必要ないでしょう。

コインパーキングの場合は、契約するコインパーキング会社の負担で駐車場のシステムを導入することも可能なため、契約内容に注意しましょう。

他にも定期借地として、期間を定めて土地そのものを貸し出すという方法もあります。

またトランクルームを置く場所として土地を貸し出すことも可能で、この場合も契約によっては初期投資を0円に近い数字にすることも可能です。

いずれの土地活用の方法であっても、初期投資の額を抑えることが可能であるため、仮に上手くいかなかった場合でも、大きな損失にはなりません。

最新の土地活用方法

土地活用の方法も時代によって大きく変化してきています。

土地活用方法の中で最先端のものは太陽光発電であり、これはソーラー経営とも言えるでしょう。活用していない土地にソーラーパネルを建設し、発電した電気を売却することによって収益を上げるという方法です。

売電の条件は年々変更されていますが、基本的に10年もしくは20年の期間、同じ条件で電気を買取ってくれる契約となっています。
そのため収益に関して計算が立てやすい土地活用方法と言えるでしょう。

ソーラー経営のメリットは、土地がどこにあるのか、つまり地価とはほとんど関係がないということです。

東京にある土地でも、地方にある土地でも売電額は変わらないため、日照さえ確保できる土地であれば、収入が安定している土地活用法です。

とはいえ最初はソーラーパネルを設置する必要があるため、初期投資額が大きくなってしまいます。

しかし建物を建設するより投資額は少なく済み、借り手を探す手間も必要ないため、安定した収益を望んでいる方に向いています。

さらにソーラー経営の場合、地方自治体によっては補助金の制度もあるため、初期投資の額をかなり抑えることも可能となります。ソーラー経営を始める場合は、必ず自治体の補助金制度を確認する必要があります。

このように土地活用の種類はたくさんあります。

そのため土地活用の目的は何か、どのように土地活用をするつもりなのかということを、自分で良く理解しておく必要があります。

初期投が大きくなっても収益率を上げたいのか、初期投資をなるべく抑えたいのか、ただ単に税金対策をしたいだけなのか、こうした目的によって活用方法は変わってきます。

もし自分で判断するのが難しい場合は、土地活用のプロに相談することも一つの方法です。